私は大学の頃、就職活動するのに自信をつけため何か特技を持っておきたいと思い、資格の取得をしようといろいろな資格の勉強をしました。
それに、大学の先輩からも今の時代は何か資格を持っておいたほうがいいと聞いていたので、まずは漢字検定5級の資格の勉強をしました。
漢字の5級でも思ったよりも難しく、真剣に暗記を頑張りました。
そのかいあって合格し、無事に漢字検定5級の資格は取得することができました。
次に英語検定準2級です。
試験では筆記のほかに英語での会話がありました。
これも無事に合格して資格の取得ができました。
この他にも、ただ就職のためだけでなく花嫁修業にと料理の勉強もしていました。
私は大学時代から一人暮らしで料理はずっと作っていたので、結構得意だったのですが調理師の免許は結構ハードルが高かったです。
一度では合格できませんでしたが、何度か挑戦し調理師の資格は取得できました。
難しくて苦労した分、大きな自信につながりました。
資格を持つためには努力が必要なので私にとってはいい経験となりました。