「まだかなまだかな~学研のおばちゃんまだかな~」という歌が昔ありましたね。
私が小学校の頃いわゆる「学研のおばちゃん」が毎月学研の本を届けてくれました。
科学の実験的なことや歯の磨き方など小学生の私のバイブルで今でも記憶に残っていることがたくさんあります。
まさに私の人格の基礎を作った一つであります。
そんな学研との関係は中学生になっても続きました。
中学生になると勉強が中心で、あまり頭がよろしくない私は学研のおかげで高校受験に合格したといっても過言ではありません。
塾に行ったり、家庭教師をつけたりせず受験勉強は学研の教材でがんばりました。
そういえば、夏休みの自由研究も学研の教材を取り寄せて行っていました。
まさに学研さまさまですね。
学生時代お世話になった学研。
実は社会人でもお世話になりました。
わたしは保育士をしていたのですが、保育園に学研さんが教材を届けてくれていました。
私の人生とつながりの深い学研さん。
きっと今後も出会いがあるでしょう。