例えば、あなたがレストランに勤めていて、そこに英語しかできない外国人の方が来店したら、どうしますか?
身振り手振り?片言英語?
それよりもやはり、かっこよく英語で話をしたいと思いますよね?

今回はすぐに使えるような接客英語を少しご紹介しましょう。

まずはレストランで使える接客英語です。

・ごゆっくりどうぞ→Please take your time.またはEnjoy your meal(dinner).
・ご注文はお決まりですか?→May I take your order?またはAre you ready to order?
・かしこまりました→Sure thing.またはCertainly.

どのフレーズもレストランではよく聞くフレーズですよね。
これを覚えておくだけでも、外国人のお客様に気持ち良く挨拶ができます。
ちなみに、「ごゆっくりどうぞ」のPlease take~の言い方は「急がなくて結構ですよ」という意味もありますので2つの意味で使うことができます。
それから「かしこまりました」はSure thing.がカジュアルな言い方、Certainly.がフォーマルな言い方です。

次は、レジで使える接客英語です。

・お会計3,000円でございます→That’ll be 3,000 yen.
・ここにサインをお願いします→Sign here,please.
・10,000円お預かりします→Out of 10,000 yen.
・1回払いでよろしいですか?→Would you like to pay with a single payment?

これもやはりお決まりのフレーズですね。
お会計の際に注意したいのはカードでの支払い。世界共通のカード会社がいくつかありますが、海外だと分割払いなどの体系が日本とは異なる場合もありますので、必ず確認が必要になります。

ここまで見てわかったかとは思いますが、実は接客英語はそんなに難しいものではありません。
正しく覚えればすぐにでも使えるものばかりですので、是非体得してみましょう。