普段何気なく使っている言葉の中に、たくさんの「和製英語」があることを知っている人はどのくらいいるでしょうか。

和製英語とは外来語を使った造語や、もともとあった言葉の略語、同じ言葉なのに英語と日本語ではまったく意味が異なるものなど、要は日本で独特の変化を遂げた外来語、といった定義になります。
では実際にどのような和製英語があるのか、ご紹介しましょう。
左側に和製英語、右側に本来の英語を載せておきます。

・アイスキャンディー→Popsicle、ice lolly(英)
・オーダーメイド→made to order、custom made
・ガードマン→security guard
・ガソリンスタンド→gas station
・キャッチボール→play catch
・サイダー→(soda)pop、英語でのciderはリンゴ酒をさす
・ファンタジック→fantastic
・バックミラー→rearview mirror
・ベビーカー→baby carriage

いかがですか?こう見ただけでも、いかに普段から和製英語に囲まれているかがわかりますよね。
他にも、オートバイやクラクション、ホチキスなども和製英語なのです。
それからもともとあった言葉の略語にはワープロやパソコンがあります。これはよく知られていますよね。実はエンゲージリングもこれに該当する和製英語なのです。
他にも、同じ言葉で違う意味の和製英語にデッドヒートがあります。
本来の意味は、「同着」や「単独の勝者がいないこと」を指しますが、日本では「激しく競り合うこと」を意味しています。同じ言葉なのに、こんなにも意味が違うというのも面白いですよね。

身近にある和製英語。これもそうかな?なんて思うものがあったらぜひ一度調べてみましょう。きっと面白い発見がありますよ。