英語での挨拶、みなさんはできますか?
特にビジネスマンの方は、取引先の方が外国人の方、ということも少なくないはずです。
そんなときに、恥ずかしくない英語の挨拶の仕方を少しご紹介しましょう。

例えば初対面の場合。
初対面での挨拶は緊張するものです。日本人同士でだって緊張するのですから、海外の方ともなればそれは格別でしょう。
でも、そんなときだからこそ落ち着いてしっかりと挨拶できるようにしましょう。

日本では、挨拶の際にお辞儀をしますよね。そのために、あまり相手の目を見つめたりすることは少ないと思います。しかし、欧米の方と挨拶をする際には、お辞儀はしません。まずは握手から始めることになります。この握手の際に、しっかりと相手の目を見つめて軽く笑顔で返すのが通例です。目をそらしてしまったりすると信用できないと思われてしまうこともありますので、注意しましょう。
そして挨拶の言葉は、以下のようになります。
A:How do you do?
B:How do you do?
これは少々堅苦しい表現ではありますが、一つの例です。例えば、Nice to meet you.だけでもOKです。もしも、相手からHow do you do?と言ってきたら、“you”の部分のイントネーションを高くして返すことで「こちらこそ」というニュアンスが伝わります。

他にもThank you for coming today.(本日はお越しくださってありがとうございます)といった気遣いの挨拶のフレーズも覚えておくと、よりよい人間関係を作ることができるでしょう。

第一印象を大切に。英語での挨拶をしっかり覚えて、ビジネスに役立てましょう。