日本で会社名を表記するとき、「株式会社」や「有限会社」といった表記をすると思いますが、英語にもそれと同じような意味を持つ表記があります。
意外と知られていないこの英語での株式会社の表記の仕方をご説明しましょう。

英語で書かれた会社の名前で、後ろによく「Co.,Ltd.」や「Inc」といった表記をしているのを見たことはありませんか?
これが法人を示す表記なのです。
ちなみに、欧米では「会社」というと「有限責任会社」という意味となります。
表記は基本的には略された形となっていて、例えば、「Co.,Ltd」なら「Company Limited」、「Inc」なら「Incorporated」という意味になります。
さらに実は、国によって使われている表記が違い、アメリカでは「Corp.」や「Inc」、イギリスでは「Co.,Ltd」が使われているのです。
これだけ見ても、日本とは大きな違いがありますね。

他にも、「Holdings」という表記もあります。これは最近、日本でもよく聞きますね。
これは「持株会社」に使われる表記で「Holdings Inc」や「Holdings Corp」といった感じに使われます。

さて、ここまで表記の仕方を見てきましたが、みなさん気づかれましたか?
そう。欧米には日本のような「株式会社」や「有限会社」といった概念はあまりなく、特にこの表記をしなければいけないといった定めはありません。
日本でも「株式会社」を前につけたり後ろにつけたりしますよね?考え方はそれと似ているのです。

株式会社の表記1つ見ても面白い英語。「これはどんな書き方をするの?」なんて気になったら調べてみると面白いかもしれませんね。